地球科学部

 

調査・研究活動、年一回の合宿、屋上での観測会(不定期)、文化祭での企画発表(プラネタリウムなど)を行っています。岩石から気象・天文に至るまで、幅広いテーマで活動しています。研究をより深いものにするために大学や専門の研究機関の研究者の方のお話を聞いたり、実験を行っています。

 全くの初心者でもパソコンを扱えるようになれ、地学に関する知識を得ることもできます。現在(20194)の部員数は2年2名、3年4名 計6名です。年間の予定は次の通りです。




 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月  新入生歓迎遠足(科学館、博物館、プラネタリウムなど)

8月  校外合宿(乗鞍岳)

9月  春女祭

10月  東部地区科学展

    埼玉県中央科学展

    全国高校理科・科学論文大賞

    その他コンクール

2月  埼玉県理科教育研究発表会

 

活動実績

2018年度

(1) 東部地域科学教育振興展覧会

優良賞 「砂が語る春日部の歴史」

(2) 埼玉県理科教育研究発表会

優良賞 「砂が語る春日部の歴史」

2017年度

(1) 東部地域科学教育振興展覧会

優良賞・努力賞 「雷光の謎2

    優良賞 「液状化現象について」

(2) 埼玉県教育研究発表会

優秀賞 「雷光の謎2

2016年度

(1) 東部地区科学教育振興展覧会

優良賞 「pm2.5の密度」

優秀賞 「ゴッホの見た星」「雷光の謎」

(2) 埼玉県科学振興教育展覧会中央展

優良賞「ゴッホの見た星」「雷光の謎」

(3) 全国高校生理科・科学論文大賞

 努力賞 「月レゴリスの熱特性」

(4) 埼玉県理科研究発表会

優秀賞 「ゴッホの見た星」「雷光の謎」

     「神社は自然堤防上にあるのか」「ゴッホの色と私たちの色」

(5) 日本天文文学会ジュニアセッション

「ゴッホの見た星」

(6) 全国高校総合文化祭 自然科学部門 県代表

「赤外線による全天サーベイから探る大気汚染物質」

 

 

カウンタ
0 0 3 0 7 8
地球科学部の活動

地球科学部の活動

【地球科学部】新入生歓迎会準備中!

 新学期になりましたキラキラ

新入生歓迎会の季節!ということで、準備を始めました!

 歓迎会では30秒という短い時間で、各部活のアピールをします。なんとか新入生に興味を持ってもらおうと試行錯誤しております。今年の企画は成功するか?!

楽しみにしていてください興奮・ヤッター!

  新入生の皆さん、3年間の高校生活を充実させるために、部活はとても大事です。どこの部に所属するかしっかり見極めて、仲間との出会いや学びをたくさんしてくださいね。

 もちろん地球科学部もお待ちしておりますイベント

【地球科学部】フィールドワークin長瀞&秩父

念願のフィールドワークに出かけました!

今回の目的は長瀞の自然の博物館と秩父の地層を見ることでした。桜も満開になり始め、お天気も良く、たくさんの春の花が咲き誇るタイミングで長瀞秩父方面に足を運べてラッキーでしたキラキラ

  午前中は長瀞の自然の博物館と岩畳、午後は小鹿野町の"ようばけ"という地層を見に行きました。今後部活で地層模型を作る予定なのでとても参考になりました。想像して作成するのと実際に見てから作るのでは、製作への正確性が全く変わると感じました。目で見て、触って、その場の空気を感じるフィールドワークの大切さを改めて実感しましたひらめき

【地球科学部】年末交流会に参加しました!

 28日、県立浦和高校で、他校地学部の交流会に参加しました。2年連続、天文観望合宿が行えず、その代わりに催した交流会で多くの学校が参加しました。他校の活動内容や天文の講座を聴き、たくさんの情報を得たことで、今後の活動のヒントをたくさんgetできて、帰り道は今後実践したい活動の話で盛り上がりましたキラキラ 


星参加校星

浦和西高校・春日部高校・川口高校・春日部女子高校・蕨高校・越谷北高校・浦和高校・大宮高校・渋谷幕張中学高校・浦和第一女子高校

 
星内容星

第一部 各高校の部活動紹介

第二部 講習会・観測方法の紹介等

第三部 生徒交流会

 
星生徒の感想星
他の高校では本格的な天体観測や研究を行っていることがわかり、また、天体について詳しい方の講習会も聴くことができました。どの高校も、天体が本当に好きなんだなと伝わってくるようなプレゼンでした。私たち地球科学部は、現在は化学室での実験を中心に活動しているため、年明けからは天体観測や、地学的な活動も行えたら良いと思います。今回の交流会はとても良い機会になったと思いました。(2年)

 
 今回の交流会でフィールドワークへ行ってみたいなという気持ちやコンピュータを使った研究をしてみたいなという気持ちなど今後の活動でやってみたいことを見つけることが出来ました。私は特にコンピュータを使うことへ興味が湧きました。他校であったように自分たちで観察した天体をコンピュータを使ってグラフ化したりまとめたりしてみたいです。また、部誌を作ってみたり、フィールドワークの計画を自分たちで作りしおりを作るなど、春女の他の部にはないようなことをしてみたいです。(1年)

【地球科学部】水が一瞬で凍る?!

 今年最後の実験は"一瞬で凍る水"キラキラ


 酢酸ナトリウム三水和物・水を使って実験を行いました。実験の内容は酢酸ナトリウム三水和物と水を5:2の割合で溶かして、室温に戻し種結晶(酢酸ナトリウム三水和物)を入れることで種結晶を核としてそこから結晶化するというものです。
 酢酸ナトリウム三水和物を水に溶かすのが大変でした。完全に溶かさなくてはいけないので、熱湯を使いましたが、なかなか溶けず電子レンジを使って溶かしました。また、溶かしたあとの室温に戻している間に結晶化してしまうことがあり、なかなか思ったような結果を得られませんでした。片付け終わりの最後の実験で種結晶を入れて結晶化することに成功しました。室温に戻す段階を何度も何度も行い、最後の実験で上手くいってよかったです了解実験には試行錯誤がつきもの!根気よくがんばりました急ぎ

【地球科学部】信号反応実験

 地球科学部では、部員たちで行いたい実験を調べて実際にやってみることにしていますひらめき

12月の一つめの実験は"信号反応実験"です。

  この「信号」の名前の由来は、いくつかの薬品を混ぜた水溶液をペットボトルなどの容器に入れて振り、空気(酸素)に触れさせる事で酸化反応が起こり、溶液の色が黄→赤→緑と変わることからきています。緑色の状態の溶液を放置すると、還元され、元の黄色に戻ります。酸化と還元のしくみを学びました。

  実験を行ってみて、色が変わる様子はとても綺麗でしたし、酸化還元反応の様子を実際に目で見ることによって、今回は授業でやったような反応ではないですが、改めて学習することができました!機械を使って混ぜるよりも、ペットボトルで振ったほうが変化が早かったこともおもしろかったです興奮・ヤッター!