演劇部の活動

演劇部の活動

【演劇部】効果的な仕掛けを作る

演劇部は今、秋に上演予定の「ぜんぶコロナのせい!!」(作:川村香奈子、潤色:春日部女子高校)の練習に余念がありません。

本日8月2日の練習時間は、舞台上に吊るす仕掛け道具を作りました。

ここ数年、部室で眠っていた電動のドリルやジグソー、ドライバーなどを発掘して使い、角材と楽しく格闘(!?)しました。

ほぼ生まれて初めて握る金槌

電動ジグソーで板をカット。まっすぐ切れると快感。

 

力仕事も大工仕事も女子だけのパワーで。

共同作業をしていると、マスク越しでも笑顔が溢れます。より完成度の高い芝居を!とモチベーションも上がります。

 

45度の角度に釘を打ちたくて、紙製分度器を即席で作りました。

こんなふうに皆で時間を共有できるのが部活動の醍醐味。

【演劇部】部活動体験会

演劇部は7月29日(金)午前中に部活動体験会を行いました。来校した中学生に演劇部の活動を紹介した後で、現在練習中の劇の台本をお渡しして一緒にセリフの練習をしました。

体験してくださった中学生は、初めてとは思えない上手な間合いと表情豊かな声で役を演じ切り、部員達はその演技力に感嘆していました。

最後は春女生活についての「なんでも質問コーナー」を設けて、和気藹々とした時間が流れました。

体験に参加してくださった中学生の皆さん、保護者・ご家族の皆様

ご参加ありがとうございました。

 

受験生の皆さん

暑さに負けず、お身体に気をつけて受験勉強に力を注いでください。

次回の部活動体験会は8月26日を予定しています。

そして来春、春女で再会出来ますことを楽しみにしています。

【演劇部】クリスマス公演大成功

演劇部は、12月26日に宮代高校しいの木会館を会場として行われたクリスマス自主公演に参加しました。演目は「恋して成仏!」というラブコメディです。

今回は春日部市立葛飾中学校、宮代高校、春日部女子高校の3校合同での自主公演でした。

コロナ禍における演劇公演は厳しい状況ですが、できる限りの感染防止対策と適正な距離を保った客席作りをした上で、お客様の前で公演できました。

キャストとして舞台に立った一年生4人、舞台監督、そして音響照明のスタッフとして活躍した2年生たちも、久しぶりの公演に充実感と達成感を味わった一日となりました。

今回の公演に関わってくださった全ての方々に感謝いたします。

 

 

 

【演劇部】クリスマス公演の通し稽古

今月末に行われるクリスマス自主公演に向けて、「恋して成仏!」(高坂楓 作)の通し稽古を体育館ステージで行いました。

内容は、20分ほどの短いコメディ作品です。登場人物のテンポ良い掛け合いが続き、クスッと笑える箇所がたくさんあります。

今回のキャストは全員1年生で、初舞台への気力が漲り、練習にもいつも以上に熱がこもっています。

コロナ禍のため、残念ながら観劇のお誘いをできるのは部員の保護者の方々、各校の生徒、教職員に限ります。

多くの方々にご覧いただける日を楽しみにしながら、クリスマス公演で演技力を磨いてきます。

【演劇部】部活動体験会

7月24日(土)午前中に、中学生対象の部活動体験会を行いました。

自己紹介や、普段の練習メニュー紹介、台本の読み合わせなど、中学生参加者2名を交えて一緒に活動しました。

 

休憩時間には、高校生活についての質問に1、2年生の部員が答える場面もあり、和気藹々と2時間余りの時を共有しました。

中学生の皆さん

暑さに負けず受験勉強頑張ってください。