卓球部の活動

卓球部の活動

【卓球部】第25回関東新人大会 結果報告

12月28日に、山梨県甲府市小瀬スポーツ公園体育館で行われた、第25回関東高校新人卓球大会に出場しました。

大会前日の公式練習の前に、山梨大学卓球場をお借りして、2時間程度練習をさせていただきました。生徒たちにとって大学で練習するのは初めてのことで、これもまた良い思い出になったと思います。山梨大学の方々、どうもありがとうございました。

【結果報告】

<1回戦>春日部女子 3対1 上 水(東京5位)

       1.石垣  3対0 で勝ち

     2.関口  1対3 で負け

     D.宇佐美・石垣 3対1 で勝ち

     4.濵野  1対1(打ち切り)

     5.宇佐美 3対0 で勝ち 

 

<2回戦>春日部女子 2対3 安房西(千葉5位)

     1.宇佐美 3対0 で勝ち 

     2.濵野  0対3 で負け

     D.宇佐美・石垣 3対2 で勝ち

     4.石垣  2対3 で負け

     5.関口    1対3 で負け

 *2台進行。前半は1対1。ダブルスと5番を同時進行で行い2対2。4番のエース対決となり、石垣は途中ゲーム(セット)カウント2対1とリードするが逆転され、2対3で落とす。

【解説】2回戦、ダブルスはフルゲームとなって難しい展開となったが、5ゲーム目は2人とも勇気を持って攻め,良く勝ちきった。気持ちの入った素晴らしい試合だった。事実上のラストになった4番・石垣の試合は、2-1リードとなり、4ゲームに入る前の私のアドバイスが敗因の一つでした。何度経験しても、関東という舞台は難しいなとあらためて思いました。負けはしたが、石垣の一生懸命なプレーは、とても輝いていた!

【顧問より】

初めての関東大会。県大会とは全く違う何もかもが初めての舞台で、負けた悔しさはありますが、ここで戦えたことを誇りに、また次も関東に来るんだ!という強い思いを持ってくれたことと思います。

 38年間卓球部の顧問をしてきましたが、中学校で卓球を始めた生徒たちが,高校で関東大会に出るというのは、「普通」の簡単なことではありません。私たちは、「普通」ではない努力をしてきました。「普通」のことをやっていては、結果も「普通」です。でも「普通」以上の努力をすれば、「普通」以上の結果を出すことができる。私が部活動を通して生徒たちに伝えたいのはそこです。

 時代かも知れませんが、自分に自信のない生徒が増えていると感じます。高校生の時くらい、周りを気にせずがむしゃらに,一つのことに打ち込むという経験をして欲しい。それがこれからの人生に必ず役に立つと確信します。人生はうまく行くことの方が少ない。うまく行かない時にこそ、部活動の経験が活きてくる、私はそう思っています。

 春女の子たちは、ここからが勝負です。もう一つ「上」に行くには、「自分で考える力」「自分で解決する力」が必要です。今年のテーマは、「考える力」。新年最初に、そう話しました。

  山梨大学正門前                   山梨大学体育館前

 第1試合開始前整列

 

 

 

大会終了後、みんなで温泉に入って来ました!

【卓球部】元全日本監督・近藤欽司先生にご指導をいただきました

 12月26日、熊谷市のTTCA田島の卓球場にて、元ナショナルチーム監督・近藤欽司先生に、濵野・石垣・宇佐美の3名が、約2時間半にわたり、熱心な技術指導をしていただきました。春女にコーチとして来ていただいている前島さん(元全日本ダブルスチャンピオン)からのお話で、このような貴重な機会が実現しました。TTCA田島の卓球場は、田島さんが手作りで建物も作られたということですが、田島さんの「卓球愛」を感じるとても素晴らしい卓球場でした。前島さんは、京浜女子商業高校(現白鴎女子高校)時代の近藤先生の教え子です。

 近藤先生は、ご自身も高校時代にインターハイ団体優勝、国体優勝を果たし、日産自動車を経て、高校教諭の道に進まれました。そして前人未踏のインターハイ38年連続出場、8度の全国優勝を成し遂げた後、全日本監督として、世界選手権に7回出場、2008年の北京五輪では、福原愛、平野早矢香、福岡春菜らを率い戦われました。現在も,実業団・サンリツの監督として、第一線の現役でご活躍中です。

 越谷西高校の顧問だった時に、一度生徒を連れて、白鴎女子高校の練習に参加させていただいたことがあります。あの日のことは、今でも鮮明に覚えています。まずは体育館内を走り、入念に準備体操・柔軟体操をしてから、打球練習に入りました。一球一球、細かいフットワークを使って動き、しっかりラケットを振って強い球を打つ。卓球の基本を見た気がしました。

 今回は,直接球出しをして、ドライブ、バックハンド、ストップ、3球目攻撃、ダブルスの動き方などの細かな技術指導の他、練習方法も教えていただきました。そして最後に、「人との出会い」を大切にしなさい、という先生らしいありがたいお話をいただき、あっという間の2時間半でした。

 生徒たちは、本当に普通では考えられない貴重な体験をさせていただきました。今日のアドバイスを繰り返し練習して、もっともっと強くなります。近藤先生ありがとうございました。そして田島さん、前島さん、感謝申し上げます。

 

【卓球部】関東大会出場!!

11月6・7日に行われた全国高校選抜卓球大会県予選会で第5位となり、「関東新人大会」への出場が決まりました!

関東大会は、12月末に,山梨県甲府市の小瀬スポーツ公園体育館で行われます。

<大会結果>

(試合方式)県上位10校による総当たりリーグ戦方式。

(1日目)  第1試合 春女 3対0  大宮       第2試合 春女 0対3  秋草学園

       第3試合 春女 2対3  星野       第4試合 春女 3対0  入間向陽

(2日目)  第5試合 春女 0対3  正智深谷     第6試合 春女 3対2  本庄第一

       第7試合 春女 0対3  埼玉栄      第8試合 春女 3対1  浦和南

       第9試合 春女 3対1  鷲宮

  *以上の結果、5勝4敗で第5位となりました。5位までが関東大会出場となります。

【顧問より】

 転勤して3年目となりましたが、ようやく関東大会に出場するところまで来ました。中学時代に目立った実績のある生徒はいませんが、春女生の「真面目さ」に、「我慢強さ」と、「勇気」が加わってきました。試合では、ミスをしても「笑顔を忘れずに」と、ベンチ横に「笑っている猫の置物」を座らせ、「ニコニコ作戦」も功を奏しました。

 コロナの影響でベンチ入りのレギュラーしか体育館に入れませんでしたが、試合当日に応援ができない生徒たちが、内緒で手作りの「部旗」と「応援動画」を作ってくれていて、大会前日に披露していました。「みんなで戦っているんだ」という思いをレギュラーは感じたはずです。そういう心遣いのできるチームに育ってきました。

 練習に来てくれた前任校・春日部高校の教え子が、大会前に応援のメールをくれました。その中に、「良い(強い)組織とは」と考えた時、「全員が同じ目的を持ち、個人が違う働きをする組織」だと自分は思います。レギュラー陣も、一人ひとりが「関東出場」という共通目的を根底に持ちながら、試合の中で目一杯自己主張して色を出していけば良いチームになり、「自分が負けても他の子が勝ってくれるから大丈夫」、「他の子が負けても自分が勝てば大丈夫」という意識が芽生え,チームとして結果もついてくるのではないでしょうか。とありました。彼は高校時代に,部活動を通してこういう考え方を身につけ、そして実践し、二度関東大会に出場しました。試合前に春女の生徒たちにこの話をしました。まさに「チーム力」で勝ち取った関東出場だったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

【卓球部】東部地区新人大会兼全国選抜大会東部地区予選会 結果報告 2021/8/26~28

<シングルス>

優 勝:宇佐美(2年・大沼中) 第2位:濵 野(2年・越谷西中) 第3位:石 垣(2年・越谷富士中)

第5位:関 口(1年・騎西中) 第6位:新 井(2年・松伏二中) 第7位:平 井(2年・野田第二中)

第10位:梶ヶ谷(1年・野田福田中) 第13位:小川(1年・騎西中) 第14位:金子純(2年・五霞中)

<学校対抗>*上位4校リーグ

1回戦 春日部女子 3対0 草加南

2回戦 春日部女子 3対0 久喜北陽

3回戦 春日部女子 3対1 鷲宮

 *以上の結果、3勝0敗で優勝しました。

【顧問より】

ようやく東部地区で優勝できました。ここまで来るのに前島さん、渡辺理貴コーチ、越谷西OGの荒谷さん、そして春高のたくさんの教え子たちに力を貸してもらいました。ここは通過点で、目標は関東大会出場です。自分たちの卓球に自信を持って、11月の県大会で,関東への切符をもぎ取ってきます。

【卓球部】令和3年度 関東大会東部地区予選会の結果報告 2021/4/17~19

<シングルス>

第2位:宇佐美(2年・大沼中)

ベスト4:濵野(2年・越谷西中)

ベスト8:福永(3年・蓮田中)、劉(3年・越谷富士中)

ベスト16:石垣(2年・越谷富士中)、金子桃(2年・野田岩名中)

ベスト24:新井(2年・松伏二中)、関口(1年・騎西中)  *以上8名が県大会に出場

<ダブルス>

優勝:宇佐美・濵野組

ベスト4:関口・小川組

ベスト8:新井・金子桃組

ベスト16:石垣・平井(2年・野田第二中)組、櫻井(2年・杉戸中)・金子純(2年・五霞中)組

*以上5組が県大会に出場

<学校対抗> 第2位

【大会を振り返って】

Sは準決勝で宇佐美と濵野の同士討ちで、フルゲームで宇佐美に軍配があがりました。どっちが勝ってもおかしくない内容でした。決勝は1月の大会と同じく、鷲宮の吉岡選手に敗れ第2位でした。2ゲーム(セット)連取してからの逆転負けでしたが、勝負所で短いサービスが台から出てしまうなど、まだまだ技術力不足でした。

Dは、決勝も3対0で、宇佐美・濵野組が勝ち、初めての優勝カップを手にしました。1年生ダブルスが、鷲宮のエースダブルスに4回戦で勝ち、援護射撃となりました。

Tは、またしても鷲宮高校に敗れ、第2位でした。今度こそはと臨んだ大会でしたが、プレーの安定性や、メンタルの「勇気」が出せませんでした。次に向けて、また頑張っていきます!

【卓球部】今年は新入生が5名入部しました!

出身中学校は、加須市立騎西中(2名)、草加市立松江中、野田市立福田中、野田市立東部中です。騎西中の2人は、中2の新人大会(学校対抗)で県2位となった時のレギュラーで、関東大会出場権を得ています(新型コロナで関東大会は中止)。5名のうち1名は、高校から卓球を始めた初心者ですが、毎日一生懸命基礎から練習しています。3年生3名、2年生15名、1年生5名の23名となり、たぶん埼玉県の女子の中では、部員数は一番ではないかと思います!

【卓球部】3年生を送る会 (2021/3/26)

卒業したばかりの5人を呼んで、あらためて卓球部の送別会を開きました。今の春女卓球部の基礎を作ってくれた5人です。私が春女に転勤してきた時の2年生でした。4月の地区大会は、団体・シングルス・ダブルスの一つも県大会には出場できず予選敗退。しかし翌年1月の東部地区大会では、団体第3位・シングルス第3位・ダブルス第4位。2月の県大会でも団体ベスト16までに。彼女たちが強くなった理由は、「勝てたらいいな」から「勝ちたい」に変わり、練習を通して「勝てる」に変化したからです。そしてここからという時に、新型コロナで大会はすべて中止。悔しいというか、残念というか、言葉がみつかりませんでした。しかし、自分が変わったことを一番良く知っているのは彼女たち本人です。

この自信を、それぞれの道でこれからの人生に生かしてくれることを願っています。

【卓球部】2020年度、11月以降の結果報告です

久しぶりの更新になってしまいました。2020年11月以降の大会結果をご報告します。

【全国選抜大会県予選会】2020/11/7・8  *県上位10校による総当たりリーグ戦方式

<学校対抗> 第9位

【新人大会東部地区予選会】2021/1/29~31

<学校対抗> 準優勝

<シングルス> 第2位:宇佐美(1年)、ベスト8:福永(2年)・濵野(1年)・新井(1年)、ベスト16:劉(2年)・石垣(1年)・金子桃(1年)

【県新人大会】2021/2/7・8

<学校対抗> ベスト16

<シングルス>ベスト32:劉(2年)

 

 

【卓球部】東部地区新人大会・学校対抗の結果報告!

1回戦  シード

2回戦  3対0  久喜北陽

3回戦  3対0  越谷南

<上位4校リーグ>

1試合目 3対2  越谷北

2試合目 2対3  鷲宮

3試合目 3対2  杉戸       

*以上の結果、東部地区2位となりました。東部地区優勝の鷲宮高校と、2位の春日部女子高校が、11月に行われる全国選抜大会埼玉県予選会に出場することが決まりました。

【顧問より】

上位4校リーグはどの試合も接戦でした。優勝した鷲宮との一戦も、落とした3試合のうち1試合は、セットカウント2対1でリードからの逆転負けだったので、あともう一歩でした。

越谷北と杉戸との試合も3対2で勝ちましたが、こちらは逆転勝ちで、負けていてもおかしくない試合でした。

今回の大会は、コロナの関係でダブルスがなく、5シングルス制で行われました。さらに、4人で出場できるように、エースは2回出場することができるというルールを採用しました。本校は先日行われたシングルスの結果、ベスト16には5人入りましたが、最高が福永の8位で、絶対的エースがいないため、苦しい戦いでした。

レギュラー4人のうち3人は1年生を使い、越谷北戦は石垣、鷲宮戦と杉戸戦は濵野を2回使いました(共に1年)。

越谷北戦では2対2のラストで、石垣がフルゲームの11-9で勝利。

杉戸戦でも2対2のラストで、濵野が12対10で勝利。1年生がメンタルの強さを発揮しました。

昨年度、唯一のレギュラーだった現2年生の大坪が体調不良で練習がほとんどできず、他の2年生2人は技術的にまだこの大会には間に合いませんでした。

1年生も約2ヶ月しか練習できず、まだフォームを直している最中ですが、持ち前の明るさと元気で、よく頑張ってくれました。1年生15名のうち半数以上は、昨年の夏の部活体験に参加し、春女卓球部の雰囲気や練習に惹かれ、ここで卓球をやりたいと決めて入学してくれた子たちです。みんな気持ちのいい子たちで、だいぶ運動部らしくなってきました。ここからが楽しみです!

           大会終了後、ベンチ入りメンバーが笑顔でガッツポーズ!!

【卓球部】東部地区新人大会・シングルスの結果速報!

東部地区新人大会・シングルスの結果報告です!

第8位  福永(2年、蓮田中)

第9位  濵野(1年、越谷西中)

第10位 宇佐美(1年、春日部大沼中)

第11位 平井(1年、野田二中)

第13位 石垣(1年、越谷富士中)

ベスト32 劉(2年、越谷富士中)、大坪(2年、さいたま八幡中)、櫻井(1年、杉戸中)

 部長の福永が第8位に入賞。1年生は実質的に練習が始まったのが8月からということを考えれば、良く健闘しました。ベスト32に8名が入り、チームとしての層の厚さを示すことができたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【卓球部】前島コーチ(元全日本ダブルスチャンピオン)と春高OBたちに、大会前の最後の仕上げをしてもらいました!

 前島さんには、昨年度から外部コーチとして定期的に練習を見ていただいています。前島さんの技術は一流ではなく、「超一流」です。特にバックプッシュとツッツキ、さらに台上の技術は、持って生まれたセンスの上に、学生・社会人時代に練習で鍛え上げられた賜物としか言い様がありません。

 さらにこの土・日は、春高での教え子で、団体で全国選抜大会(秋田県)に出場した時の主将でS・D共に活躍した長嶋君と、その一つ下で現在目白卓球クラブで卓球の指導もしている杉本君、関東大会にチームのエースとして2回出場し、S・D共に活躍し、今年の春に春高を卒業した林君の3名が、練習に参加してくれました。久しぶりに彼らの卓球を見て、男子の卓球はやはり面白いなと思ってしまいました。当たり前のことですが、卓球は対人競技ですので、上手な人と練習すればうまくなります。ミスが少ない上、こちらがナイスボールを打っても返ってきます。ボールの威力も違えば、鋭いコースをついてきます。

 大会前に最高の環境で、質の高い練習ができました。さあ、いよいよ東部地区大会です!

 

【卓球部】袖ケ浦高校(千葉県)と練習試合を行いました!

千葉県から袖ケ浦高校の生徒12名が、練習試合に来てくれました。生徒たちに聞いたところ、朝5時台の始発の電車に乗り2時間半位かかったそうです。遠くからありがとうございました。顧問の野中先生には、君津商業時代から大変お世話になっており、私が尊敬する指導者の一人です。越谷西高校に着任して2年目、初めて県外の学校と合同合宿をさせていただいたのが、その夏インターハイに出場した君津商業でした。それからは、いつも代が変わり新チームになると、野中先生の学校と練習試合を組んで、「今年のうちのチームは先生の目にはどう映りますか」と聞くことにしていました。どんな答えが返ってくるか楽しみにしながら。今回も同じ質問をしたところ、「目がキラキラしている生徒が何人もいて、きっといいチームになりますね」と言ってくれました。実はこれ、先日来ていただいた、元ナショナルチームコーチの渡辺さんにも同じことを言われたんです。嬉しかったのと同時に、春女の生徒たちの大きな可能性を確信しました。今月の東部地区大会が楽しみになってきました!

【卓球部】騎西中学校が練習に来てくれました!

夏休みに続き、2回目の合同練習を行いました。現在の中学3年生のチームは、関東出場を決めたにもかかわらず、コロナの影響で関東大会が中止となってしまい、とても悔しい思いをしたことと思います。今日はその中学3年生も、2名見学に来てくれました。顧問の小井戸先生の熱心な指導の下、今年のチームも十分県大会上位を狙える位置にあります。先生の要望もあり、短い時間でしたが、中学生に教えて欲しい技術をリクエストしてもらい、1人ずつ球出ししながらアドバイスをしました。みな卓球が好きで、強くなりたいという熱意を感じました。春女の生徒たちも、今日は良い刺激をもらいました!

【卓球部】元ナショナルチームコーチ・渡辺理貴さんに指導をお願いしました!

春日部高校の顧問時代に約8年にわたり大変お世話になった、元ナショナルチームコーチ・渡辺理貴さんに春女に来ていただき、生徒たちに直接指導をお願いしました。先日約2年ぶりに大会会場でお会いし、今回の運びとなりました。

 ミスの原因は打球ポイントがずれていること。インパクトを緩めない。打球するときにスペースを作る。上体の捻りが大切。ボールとラケットをぶつけない。低い球は弧線を描いて・・・・・。生徒個々へのアドバイスがとても具体的でわかりやすく、また私にとっては懐かしくもありました。大会直前でしたが、生徒たちは少しでも多くのことを学ぼうと、一つ一つのアドバイスに熱心に耳を傾けていました。お忙しい中、本日はたいへんありがとうございました。

 

【卓球部】星野、熊谷女子、川越女子、春日部女子の女子校4校による合同練習試合を実施!

 星野高校・田村先生の発案で、女子校4校が集まり、合同練習試合を行いました。卓球だけでなくいろいろな意味で大いに刺激を受けた一日でした。田村先生、ありがとうございました。熊谷女子の土屋先生とは、同学年で高校時代から練習試合などをした仲でもあり、顧問となってからも互いに刺激を受けながら、チームを作ってきました。昨年10年ぶりに女子に戻ってきてからはまだ対戦がありませんが、熊谷女子に負けないように頑張るぞ! また、川越女子の相原先生は、私の大学卓球部の後輩でもあり、若さでこれから生徒たちを引っ張っていって欲しいと思います!

【卓球部】横浜創英高校にて、桐蔭学園と3校合同練習試合を行いました!

夏休みに入って第2週、横浜創英高校に呼んでいただき、同じく神奈川県の桐蔭学園と3校にて合同練習および練習試合を行いました。午前中、生徒たちは相川先生に、マシンを使って速いピッチでフォア・バックの強打をする練習を指導していただいたりして、私もたいへん指導の参考になりました。今はレベルが違いすぎて全く足下にも及びませんが、再び相川先生と関東大会で戦えるようなチームを作りたいと思いを新たにしました。

【卓球部】ようやく練習再開です!

2月の県大会が終わり、少し休んでから3年生は最後の大会に向けて・・・と思っていたら、まさかの部活動停止に。この1年間、少しずつ技術を磨き、いよいよここからという所だったので、生徒たちも私も悔しいという言葉では表せないなんともむなしい気持ちでした。4月から6月の大会はすべて中止。しかし代わりに8月の5・6日に代替大会の開催が決まりました。3年生の大会参加は、各自に任せることにしたのですが、全員から大会に出たいという申し出があり、練習も、補習のある日以外は全員参加しますということでした。彼女たちの気持ちを聞いて嬉しかったです。そして短い期間ですが、1年生たちは、この1年間で新しい春日部女子高校卓球部を作ってくれた3年生たちの姿を、しっかりと目に焼き付けて欲しいと願います。

【卓球部】新入生が15名入りました!

今年の新入生は15名。たぶん埼玉県の女子卓球部で一番多いと思います。出身中学は、杉戸、越谷北、富士、越谷西、松伏第二、大利根、白岡菁莪、蓮田南、さいたま桜木、春日部大沼、春日部武里、野田第二、野田岩名、五霞(2名)。

半数以上は、部活体験会や説明会等で春女卓球部の練習に参加し、受験をしてくれた生徒です。

みんな明るく前向きで、やる気のある子たちばかりです。こういう子たちは必ず強くなります。強くします。

今年度の公式戦を終えて(卓球部)

 団体戦、2回戦以降の試合が本日(2月11日)行われました。春女は2回戦で草加東高校に勝利。3回戦、県4位で12月の関東新人大会に出場した鷲宮高校と対戦しました。1月の東部地区大会・個人戦では内容的にも互角の戦いができたので勝ちに行ったのですが、技術が足りなかった上に経験の差が大きく出て、力を発揮できず完敗でした。

 本日の県新人大会で今年度の公式戦は終わり、ここで一つの区切りです。春にシングルス・ダブルス・団体の一つも県大会に出場できなかったことを考えれば、今回シングルス3名、ダブルス2組が出場し、団体も2つ勝って県ベスト16は、大きな前進です。4月から顧問が替わって練習内容や雰囲気も変わる中、生徒たちはこれを前向きに素直に受け入れ、一生懸命練習してきた成果だと思います。部長の千秋を中心によく頑張りました! 2年生にとっては、部活ができるのもあと少しですので、悔いが残らないように、もう一つ上のステージを目指して欲しいと思います!

 県大会の期間、大学進学が決まり家庭研修中の3年生や、昨年度の卒業生が応援に来てくれました。今日は、お手製のクッキーを作ってきてくれて、みんな大喜びでした! 食べるのがもったいないくらいでしたが、おいしかったですよ!

 毎週末、指導してくれている荒谷さんも差し入れを持って応援に来てくれました。この上尾の体育館で正智深谷をはじめ秋草・星野・栄を相手に激戦を繰り広げていた現役の頃が懐かしかったようです。ありがとう!

 少し休んでから、また春に向けてみんなで頑張りましょう! もっともっといいチームになって、笑顔で新入生たちを迎えたいと思います!