バスケットボール部の活動

【バスケットボール部】始まり。

6月15日@春日部女子

大宮北

新チーム初の練習試合は南部支部の大宮北高校をお招きして実施しました。お互い支部予選敗退後に新チームへ移行し、この日が初となる練習試合とのこと。SNFLは今週が3者面談期間等もあり、中々全員揃っての練習が叶わず。そんな中で練習したことは、「ドリブル」と「ミート」等の基礎練習中心となりました。(°▽°)簡単なようで難しい、難しいようで簡単な基礎の部分。役員で参加した男子関東大会でものすごく印象深いことを少し。準優勝した日本航空高校のアップの場面でのこと。何気ないシューティングドリルをこなす選手達のミートとストップの丁寧さと無駄のなさに感銘を受けました。留学生がいるため派手なダンクなどに目が行きがちですが、この基本から素晴らしいバスケットが作られていると確信。この基本を新チームとなったSNFLにも身に付けてもらいたいと強く願っております。

 

さて、話を試合の方に。新チーム初の練習試合は文字通りバタバタ。チームとして取り組んでいるのは先述の基本の部分。連携の部分でいくとなかなか難しく、上手くいかないプレーが多数。そのため、この日は『ドライブ』することを中心に新しい攻め方にトライ。これまで積み上げたバスケットボールに新しい要素を加えるため、SNFLメンバーも自分たちなりに臨んでいました。『もっとできる。』や『まだまだやれる。』というのが正直な感想。無論、これはSNFLだけの話ではなく、相手校である大宮北高校にも共通していること。お互いにここから夏の支部大会に向けて練習あるのみです。これから本格的に始まる新チームの活動。SNFLメンバーに期待することは『変化』です。3年生が引退し、環境や立場が劇的に変化するこの時期。自分を変えるなら今。気持ちの出し方やプレー、仲間への声のかけ方等など。歴代の先輩たちを振り返りつつ、自分たちを変化させチームを高めてもらいたいと思います。頑張ろう新チーム。

 

練習試合をしていただいた大宮北高校の先生方と選手の皆さん、会場に足を運んでいただいた保護者の皆様、ありがとうございました。