校長あいさつ

 本校は、百年以上にわたり、地域から期待され、愛される女子校として、社会で広く活躍する多くの卒業生を輩出して参りました。さらに、これからも

 「高い志を持ち、夢をあきらめない生徒を育成する、伝統ある女子の進学校」

 をめざし、充実・発展していきます。

 

その実現のために、以下の5つの重点目標に取り組みます。

 ・礼儀を基本に高雅な品格と思いやりの心を持った生徒の育成

 ・意欲的な学習態度及び学習習慣を身に付けた生徒の育成

 ・文武両道を目指し、何事にも全力投球する生徒の育成

 ・チャレンジ精神を持ち、自らの目標を達成できる生徒の育成

 ・開かれた学校づくりを進め、地域社会及び国際社会に貢献する生徒の育成

 







 

めざすところは、「他者を支え、地域・社会に貢献する品格ある女性の育成」であり、

1 高雅な品格

 凛とした(心のひきしまった)品格ある女性を育てます。

2 凡事徹底

 品格ある女性として、挨拶・身だしなみを自ら整え、美しく立ち居振る舞い、心を込めた清掃で隅々まで美しい学校づくりに励むなど、平凡なことを当たり前のこととして、徹底、努力する姿勢を育てます。

3 恩送り

 先輩方から受けた恩を後輩たちへ、保護者、先生をはじめ、他者から受けた恩を地域・社会に返す精神を育てます。

4 noblesse oblige(ノブレス・オブリージュ)

 今、生きている幸せと意味を実感し、他者や社会のために、自らの役割を喜んで果たす生徒を育てます。
  

     のミッションに取り組んでいます。           

                                                 

 

 春女(KASUJO)は、今年度創立111年目を迎える伝統校です。明治44年(1911年)の創立以来、地域はもちろん、社会の様々な分野で活躍する30,000名近い卒業生を送り出してきました。

 

 生徒は在校中、仲間とともに、協力、共創、切磋琢磨する中で育んだ「春女パワー」を次のステージにおいても発揮し、活躍しています。ここで、培われた仲間との絆は、卒業後はさらに強まり、一生の友として、また、同窓生としてつながっています。

 

 これからの社会は、世界的にグローバル化が進み、アジア諸国の存在感が大きくなる一方、日本では、少子高齢化・人口減少が避けられません。また、人工知能AIの進歩やビッグデータの活用により、今ある仕事が自動化されたり、ロボットに取って代わられたりするような時代が到来しようとしています。

 

 本校は、時代を担う女性の育成のため、生徒の学ぶ力を磨き、物事の本質を見極める力を鍛え、困難を乗り越える課題解決能力を育成し、たくましく生きる力を育てます。また、身に付けた能力を存分に発揮し有為な人材として活躍していくための品格を磨き、部活動や学校行事等、様々な体験を通じて、コミュニケーション能力、協調性、礼儀、挨拶、人を思いやる心、マナーなど、社会に出てからより必要となる、しなやかに生きる力を育てます。

 

 春女を実際にご覧いただき、「女子伝統校の魅力と底力」を感じてください。多くの方に春女を理解していただくため、年間15回の土曜公開授業や文化祭・学校説明会等を用意しています。皆様の御来校を心よりお待ちしております。 

  

  春日部女子高等学校 校長 吉岡靖久